HOME診療部門の案内>入院案内
診療部門の案内
内科
外科
脳神経外科
リハビリテーション科
診察のご案内
外来案内
外来担当医
入院案内
入院手続き
ご面会

― 入院病棟のご案内 ―
医療療養型病床(1病棟:44床 2病棟:47床 3病棟:54床 合計145床)
医療保険適応(療養型包括払い)
急性期での治療や手術を受けられた高齢者の方の継続治療、リハビリテーションなど、医療区分に基づき実施、慢性期の患者様を対象としています。医療区分とは、指定された傷病名または症状(37項目)・日常生活動作(ADL区分)に応じたA〜Iまでに分けられます。
看護基準  入院患者:看護師=4:1 介護士=4:1 以上を配置しています
介護療養型病床(5病棟:54床)
介護保険適応(介護度に応じた負担)
介護保険制度に基づき「要介護」と認定された方がご利用いただけます。当院では平均介護度が4、5と重度の方が多く入院されています。個別性を重視したケアプランに基づいた介護サービスや必要に応じた治療・リハビリを専門スタッフが行います。ショートステイ用病床は1床あります。
看護基準  入院患者:看護師=6:1 介護士=4:1 以上を配置しています
― 病棟でのケアの実際 ―

病棟では、清潔・排泄・食事・活動・レクリェーションなど人が生活する上で大切な基本的援助を大切にしています。最低週に2回の入浴や毎日の手浴、フットケア、口腔ケア、個別排泄援助、そして出来る限り食べ物を口から食べることを大事に、管理栄養士の協力もあり、ソフト食や嚥下訓練食、なめらか食など多種多様の食事を準備しています。入院時に患者様の全身状態や好みの食べ物などの情報から栄養マネジメントを全員に実施しています。院内での褥瘡(床ずれ)の発症率も2%以下を保っています。介護保険病棟では毎日昼食前に笑いの効果を目的に“ワハハ体操”を取り入れています。また全病棟、毎週水曜日は介護職が企画した集団レクリェーションを行い患者様はもちろん職員の笑い声が聞こえてきます。
患者様、ご家族のご希望をお聞きし、個別性を重要視した看護計画・ケアプランを立案しまた統一したケアが出来るよう『看護ケアシート』をベッドサイドに置き日々のケアにあたっています。

― 入院相談窓口 ―
2ヶ月以内の傷病が原因で転院先を探している方の入院相談
自宅療養中で身体機能の著しい低下が心配の方の入院相談
― 入院申込 ―
他の医療機関を受診している方
  他の医療機関を受診し入院を勧められた方や他の医療機関で入院治療中の方で、転院を勧められた場合は、病院の医療連携担当の方を通じて地域連携室へご連絡ください。

1.医療機関向け

● 入院申込は、電話またはFAXで患者さまの診療情報、入院目的などをご連絡ください。
● 診療情報提供書は貴院の様式で結構です。
● 精神障害、認知症(著しい不穏)のある場合は、受入ができないこともあります。
● 人工呼吸器を装着している場合は、受入が困難ですので離脱後にご紹介ください。
● 受入の諾否および入院期日は迅速にご連絡いたします。
 
2.患者さま向け

入院の申込は入院中の医療機関へご相談の上、その医療機関を通じて地域連絡室にご相談ください。
介護の問題や長期療養の希望など、当院で速やかな対応が困難な場合は、他の施設等をご紹介させていただくこともありますのでご了承ください。